消毒液の代用になるの?ウォッカが注目されているがどこに売っているのか?

お得情報

マスク、消毒液など新型コロナウィルスの影響で特定商品の品薄感が続きます。

予防を推奨しているから仕方ないのかもしれませんが、これだけメーカーが増産しているのに手軽に購入できないなんて困りますね。

消毒液の代用品も注目されていますが、高濃度の酒が注目されています。日本の酒造メーカーも度数70%以上の酒の製造を強化していますが、高濃度の酒ならば洋酒のウォッカがありますが代用品になるのでしょうか。また、どこに売っているのでしょうか。

消毒液不足が続きますが、高濃度のお酒が消毒液の代用品になるのでしょうか?

新型コロナウィルスの予防に必要な消毒液の不足が続いています。花王など製造メーカーも通常の20倍以上も増産しているものの深刻な消毒液不足が続いているのはなぜでしょうか?

増産されていても消毒液が不足するのは需要の拡大に製造が追いついていないのが原因です。コロナ感染者拡大を受けて医療機関などの需要が拡大する以上に様々な商業施設でも消毒液の使用を徹底していることで家庭用の消毒液まで回ってこないからですが、今後も消毒液不足は続くものと思われます。

消毒液不足で今注目されているのは高濃度のお酒です。度数70%以上のお酒が対象品になりますが、どんなお酒があるのでしょうか?

日本では泡盛などは高濃度のお酒としてあるのですが、度数は50%以下のものしか店頭では見かけたことがありません。

洋酒はアルコール度数が高く代用品としては最適です。有名な高濃度の洋酒といえばウォッカがありますが、厚生労働省も消毒液代わりにウォッカなど高濃度の酒の使用を医療機関に認めています。

引用元:Yahoo!ニュース

消毒液代わりにウォッカが注目されているがどこに売っているのか?

日本人はあまり飲まないのかもしれませんが、高濃度なお酒としてウォッカが有名です。ロシアなど寒い国で好んで飲まれているお酒ですが、麦やジャガイモなどが原料になっています。

ほとんどが水とエタノールでできており、癖のないお酒ですが、基本的には無味無臭なので消毒用に代用しても問題ないのでしょう。

これだけテレビや新聞で高濃度のお酒が注目されている中なので品薄であることは間違いありません。価格などは参考に商品を掲載しておきますので、代用品で使用できるか否かの参考にしてみてください。


スピリタス ウォッカ ワルシャワの幻想 正規品 96度 500ml

 


スピリタス ウォッカ ワルシャワの幻想 正規品 96度 500ml

 

消毒液代わりのウォッカの使用方法?

ウォッカのアルコール濃度は全般的に高濃度のものがほとんどですが、以前は98%なんてものもあったのですが、今は製造はされていません。

アルコール濃度は70%~83%のものが消毒液の代用になりますが、高濃度のものだと精製水に薄めて使用するのが良いでしょう。

まとめ

ウォッカを消毒液に使用するのはなんとなく酒愛好家としてはもったいない気もします。しかしながら消毒液が不足しているのは事実なので代用してもいいのかもしれませんね。

今回ご紹介したウォッカは度数90%以上の高濃度のウォッカなので飲酒の場合も相当薄めないと飲めないような気もしますが、薄めて消毒液として使えば二刀流です。

消毒液をご家庭で手軽に購入できるまではウォッカにもフル回転で活躍してもらうしかありませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました