富川悠太アナウンサーはコロナにいつ感染した!玉川さんは大丈夫?

テレビ

テレビの世界にも新型コロナウィルスの拡大が続いています。「報道ステーション」の顔である富川悠太アナウンサーが感染したことで世間では驚きを隠せませんが、一体いつ感染したのでしょうか?

テレビを見ているとその兆候は感じられましたが、その出演していた場面をご紹介してみます。

同局の玉川さんの感染も気になるところですが大丈夫なのでしょうか?

富川悠太アナウンサーは新型コロナウィルスにいつ感染したのか?

テレビ朝日系番組の「報道ステーション」のMCでお馴染みの富川悠太アナウンサーが4月11日新型コロナウィルスに感染していたことはご存知のことかと思いますが、当面の間出演を見合わせることになりました。

一緒に出演していた徳永有美アナウンサーも13日から出演できなくなりましたが、テレビ朝日のアナウンサーから新型コロナウィルス感染者が出たことで世間は驚きを隠せません。

富川悠太アナウンサーはいつから感染していたのかが注目されます。

富川悠太アナウンサーは4月9日(木)までは「報道ステーション」には出演しており、10日(金)に体調の異変を感じて病院の診断を受けて新型コロナウィルスの陽性反応が出て入院しました。

7日(火)あたりにはすでに何らかの兆候があったものかと思われます。Twitterにもその時の動画が多数出ており、7日(火)ぐらいから「声がガラガラだった」などの記載がありました。すでに週半ばから発症していたのかもしれません。
富川悠太アナウンサーが早く完治して現場復帰することを願います。

「スーパーモーニング」の玉川さんはコロナ感染は大丈夫?

テレビ朝日系のアナウンサーから新型コロナウィルス感染者が出たことで、同放送局の番組に出演している人たちへの拡大も懸念されています。

夜と朝の番組なので出演時間帯は異なりますが、「スーパーモーニング」の玉川さんのコロナ感染を心配してしまいます。いつもテレビ番組上では、サラリーマンとは思えない発言で世間を楽しませてくれていますが、玉川さんは大丈夫なのでしょうか?

玉川さん(玉川徹)の経歴を簡単にご紹介してみます。

京都大学農学部出身で1989年テレビ朝日に入社、アシスタントディレクターを経験した後、報道局の主任として「スーパーモーニング」などの番組でディレクターを務めていますが、「ちょっと待った!玉川総研」という冠コーナーのリポーターを任されたことでコメンテータ―としてレギュラー出演するようになりました。

今のところ玉川さんがコロナを発症したという情報は入っておりませんが、テレビ朝日系のアナウンサーから感染者が出たことから出演者やスタッフの皆さんへの拡大がないわけではありません。
今後、情報があれば追記していきます。

まとめ

富川悠太アナウンサーの新型コロナウィルス感染はテレビ局内ではショックを隠せません。接触者全員の検査を実施するわけにはいかないでしょうが、濃厚接触者は要注意です。

すでに芸能人にも多数の新型コロナウィルス感染者が出ていますが、テレビ局内にも感染者が増えると報道自体も困難な状況になるのかもしれません。

不規則な仕事のアナウンサーの皆さんですから体調の異変を感じたらすぐに休んでほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました