雪道運転の注意点、コツさえつかめば安全

お得情報

冬の運転で特に注意しなければいけないのが雪道でのスリップ事故です。
一度、滑り出すと車の制御が効かず衝突するまで止まらない。
まさに恐怖の瞬間です。
私も雪道で横滑りして車を制御できずに横にスピンして一回転してから止まったことがありますが、恐怖しかなかったです。
対向車が止まっていたので衝突はしませんでしたが、こんな恐怖は味わいたくないものです。

日本の道路は積雪により滑りやすいといわれていますがなぜでしょうか?

日本では北海道など北国に行けば雪が多く見られますが、一年に数回東京でも大雪に見舞われることがあります。
最近の暖冬傾向から雪が降らない地域も増えてきましたが、雪の多さだけが滑る原因ではないようです。
雪道が滑るのは、雪や氷とタイヤの間に水の膜が存在しますがこの膜が原因で滑るといわれています。
マイナス数十度にもなる地域では水の膜が発生しないので滑りにくいのです。
日本は気温が高く、雪が融けやすく一度、融けた雪は再び寒くなれば氷になる。
路面を車が通行することで踏み固められて凍結したハードバーンが出来上がりアイスバーンとなります。

スタッドレスタイヤはなぜ有効なのか?

ノーマルタイヤは雪道では滑りますがスタッドレスタイヤだと滑らないのはなぜでしょうか。
スタッドレスタイヤの接地面に細かく刻まれたサイプという細かい溝があるのですが、このサイプが路面の水分を吸い取りタイヤと路面が接するようにしているのです。
更にカーブや加減速でタイヤに力が加わりサイプがエッジの役割を果たし路面にグリップする仕組みなのです。
ゆえにスタッドレスタイヤはノーマルタイヤに比べて滑りにくいというわけです。

スタッドレスタイヤも完璧ではない!運転のコツをつかんで安全走行

スタッドレスタイヤを装着しているから完璧だというわけではありません。
先ほどご紹介したアイスバーンもカチカチの状態だと滑り出す場合があります。
とはいうもののいくつかのポイントを押さえて運転すればそう簡単には滑ることはありません。
いくつかあげてみましょう。

・スピードを出さない

・急ハンドルを切らない

・急ブレーキを踏まない

・轍(わだち)を走る

・車間距離を空ける

これらは当たり前のように感じるかもしれませんが案外守っていないことから雪道運転で事故に発展しています。
スピードの出し過ぎは急には止まれないからですが、急停止しようと急ブレーキをかけると想像がつくでしょう。
急ブレーキはタイヤがロックして制御不能状態になるので気をつけてください。
轍を通るのは前を通った車がある程度線路のように道筋を作っているのでハンドルを取られにくいといえます。
また、車間距離を空けるのは万が一、滑っても前の車に衝突する前に停止できるからです。

まとめ

いづれにしてもスタッドレスタイヤでも滑ることがあることは理解して運転しましょう。
過信は禁物です。
昔に比べれば、チェーンやタイヤの性能は格段に向上しています。
とはいえ、車の運転は最終的には人に委ねられていることに変わりはないのです。
初心者であろうとベテランであろうと刻一刻変化する路面状況を調べながら運転するのは容易ではありません。
少し余裕を持った運転が事故を引き起こさない運転だと思います。
くれぐれも注意点を守ることが雪道を運転するコツとなるのでセーフティドライブを心がけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました