プログラミング教育が小学校でスタート!無料アプリで体験!

趣味

2020年にはプログラミングの授業が小学校で始まりますが、プログラミングは本当に大切なのでしょうか。
プログラミングを経験していない大人では理解できないかもしれませんが、将来のある子供たちには重要なカリキュラムになるといわれています。
まずはプログラミングの仕組みを理解する必要がありますので、簡単なアプリで体験してみてください。
無料アプリで体験してみたら子供たちに学ばせてあげたくなるかもしれませんよ。

無料アプリ「プログラミングゼミ」

プログラミングに関するアプリも多数ありますが、子供もできて大人も使えそうなものを探して
みました。
「プログラミングゼミ」という無料アプリがあったのでダウンロードして体験。
キャラクターに指示をしながらポイントを貯めていく仕組みで子供でもできる簡単なアプリです。
はじめはどのように動かすのか迷いましたが、動画付きのヒントもあり見ながらやれば誰でもできます。
タイピングの練習もついているなどプログラミングの考え方を学ぶにはいいアプリだといえますね。

最近の子供たちは小さい頃からパソコン、スマートフォンなど電子機器に触れることが多く、大人以上に使いこなす子供も多いことでしょう。
2020年には文部科学省が小学校の授業にプログラミングを必修化したことはご存知のことでしょう。
一人に1台タブレット端末を配布してデジタル教育が始まろうとしています。

家でも子供たちにプログラミングについて大人たちが聞かれる時代が来るのかもしれませんね

プログラミングは重要なの?

インターネットやロボット技術が発展してきているのは誰もが知っていることでしょう。
従来あった仕事・業種がなくなっているのも、こういった新しい技術が進歩してきたためだといえます。
従来、人が担ってきた仕事が急速に進んだロボット技術により機械に置き換わってきたのです。
その機械に仕事をさせるためにはプログラミング学習は必要で小さいころから学んでおくことで
応用力が身につくのです。
ちなみにイギリスでは2014年から5歳から16歳までの全生徒にプログラミング学習は義務化
されており、日本は既に遅れています。

プログラミングについて学ぶ

プログラミングはそれほど敷居の高いものではありません。
子供たちは日々、携帯ゲームなどで遊ぶことで操作方法などを学んでいたりするものです。
ある意味、スキルは大人以上だったりするので、飲み込みが早いといえます。
プログラミングは考えて組み立てて実行することを繰り返しますが考える力が身に付き学校生活、日常生活でも自分で解決する能力を磨くことになります。

まとめ

プログラミングといってもあまり難しく考えることはなく考える力を身に付けるためには必要なスキルだといえます。
グローバルな時代がきている今の世の中において、海外の力に負けない子供たちを育てるためにはプログラミングを学ぶことは必要なのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました