ポータブル電源の寿命とおすすめの寿命の長いポータブル電源?

お得情報

今年はコロナの影響で海外旅行は駄目だし、国内旅行も他府県への移動はリスクも多く気が進まないなんてことになっていませんか?

でもコロナ禍でも車で移動できる国内旅行やキャンプは人気で家族や親しい友達同士で出かける人は多いみたいです。

中でもキャンプやグランピングなどは、今年は流行年でどこに行ってもなかなかの盛況ぶりです。

最近ではワンボックスタイプの車で車中泊なんてことも流行っているようですが、こんな時に役立つのがポータブル電源です。

車のバッテリーを使うのも限度があるので、ポータブル電源はいろんな場面で活躍してくれます。

でもポータブル電源には寿命もあり、どんなポータブル電源が寿命が長くお得なのでしょうか。ポータブル電源の寿命とおすすめの寿命の長いポータブル電源についてご紹介してみます。

ポータブル電源の寿命はどのくらいなのでしょうか?

ポータブル電源の寿命は製品によって異なりますがおおよそ5年~10年ぐらいといわれています。突然、寿命がくるわけではなく、徐々に充電できる容量が減少していきます。

ポータブル電源の電気を蓄えるのは蓄電池ですが、ニッケル水素電池、鉛蓄電池ではなくリチウムイオン電池です。一般的にスマートフォンやパソコンにも使われているので馴染みが深いですが使用しているうちに電気容量が減少します。

ポータブル電源の寿命を長く保つ方法とは?

ポータブル電源は充電する回数を減らすと寿命が長くなるため、できるだけ使い切ってから充電することが重要です。

電池量が残っている段階で充電してしまうと充電回数を増やしてしまうことに繋がり劣化が早くなります。できる限りポータブル電源の電池量は使い切りましょう。

また、使用していない期間に放置していると電池量が完全にゼロになることがありますが、これも劣化に繋がりますので注意が必要です。反対に電池量が満タン状態で充電するのもよくありません。過充電も劣化の原因です。

おすすめの寿命の長いポータブル電源とは?災害時にも安心なので準備しておきましょう!

ポータブル電源の寿命や取り扱いについてご紹介してきましたが、災害時に電気がないと何かと困るので一家に1台は備え付けていることがおすすめです。

おすすめの寿命の長いポータブル電池について以下、掲載しておきますので災害時用とレジャー用に準備しておきましょう。

まとめ

ポータブル電池の寿命は5~10年ぐらいが一般的ですが、充電回数を減らすことで長持ちさせることができます。

過充電や電池ゼロ状態を避けることも寿命を長く保つコツです。

災害時やレジャーに何かと役立つポータブル電源の需要が高まりつつありますが皆さんも準備してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました