納豆までも不足。不足の原因はコロナウィルスか。

コロナウィルスはなかなか終息しない中、免疫力アップに繋がる食材に注目が集まっています。
免疫力アップに繋がる食材といえば、発酵食品ですが、中でも納豆が注目されています。

納豆の力は誰もが信じていることかと思いますが、納豆が不足するまでに至った経緯を調べてみました。

コロナウィルスの影響でいろんなものが注目をされていますが、今回は納豆不足について調査してみました。

納豆が不足している原因は何。

新型コロナウィルスを抑制するには免疫力を高めることが重要だといわれています。
そのため納豆や乳酸菌、ヨーグルトなどの売上がアップしていますが、コロナウィルスの感染者が報告されたころから納豆などの発酵食品の重要が高まっています。

発酵食品の持つ力に注目が集まっているのですが、納豆だけでなく発酵食品は味噌など山ほどありますよね。

Twitter上に「茨木で新型コロナウィルス感染者が出ていないのは納豆を食べているから」とデマ情報が流れたことで納豆に需要が殺到した模様です。
業界団体は単なるデマ情報なので「いつも通りの数量を購入してほしい」とお願いしています。

納豆メーカーは「デマもあるが、国立がん研究センターの研究結果発表の影響ではないか」とも伝えています。
日常的に納豆を食べる人は、食べない人より、心筋梗塞などの循環器疾患の死亡率が低下するとも発表しました。
味噌や豆腐に比べても実験結果の差は明らかで、納豆の力を認めた結果報告だったようです。

納豆の効能は何?コロナウィルスとの関係は?

納豆に含まれる納豆菌は腸のバリア機能を高め、免疫力までもアップするといわれています。
納豆は昔からある発酵食品で、毎朝の食卓に並んでいた食材です。
継続して食べることで健康になれると思っている人も多いのですね。

免疫力を向上させるには発酵食品を食べるというのは嘘ではないでしょうが、コロナウィルスに効くかというといかがなものかと思います。
納豆にある力を信じるのもいいですが、免疫力を高めるために納豆だけを食べればいいというわけではありません。

コロナウィルスを抑制するものは明確化されておらず、マスク着用や手洗い、消毒ぐらいしか予防策がないのが現状です。
納豆=コロナウィルス予防は間違いかもしれませんね。

まとめ

コロナウィルスに関連する情報は様々ですが、デマ情報や拡大解釈が多いですね。
コロナウィルス対策に明確な情報がない中、普段通りに生活するしかないようです。

急に単一の食材を大量に摂取しても免疫力アップに繋がることはありません。
トイレットペーパーの奪い合いのように無駄な労力をかけることなく、正確な情報をキャッチして行動するのが良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました