カズレーザーの彼女?カズレーザーはとことんアカが好き!

趣味

今やテレビで引っ張りだこのカズレーザーですが、デートシーンをスクープされています。

これだけ真っ赤な姿で歩けば誰もが気づくでしょうが、お相手の女性は誰なのか?

カズレーザー本人は交際を否定している模様ですが、これだけ仲の良いところを目撃されると否定しても信用はされないでしょう。

カズレーザーの彼女と思われるお相手と真実を探ってみます。

カズレーザーの彼女なのか?スクープされた内容は?

「エレベーターで、女性連れのカズレーザーさんと乗り合わせたんです。

笑顔で開ボタンを押してくださって、とても紳士的でした」(居合わせた客)

「カズレーザーと竹俣紅」バー窓際の目立つ席をチョイス

6月下旬、東京・六本木ヒルズ。

通り過ぎる客が続々と振り返るなか、全身赤ずくめの金髪ヘアで堂々と歩く、カズレーザー(35)がいた。

隣には、ワンピース姿の美女が。

マスクまで赤いカズレーザーのみならず、彼女のほうも、赤いサンダルで赤いカーディガンを携え、まるでペアルックでのお出ましなのだ。

そして、お名前まで赤かった。この美女、元女流棋士で、タレントとしても活躍する竹俣紅(22)なのである。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/807734fe689f86307bb172a10293c9d32c32a4ec

これだけわかりやすい恰好で歩ていると誰でも気づいたに違いありませんが、彼女と思われる竹俣紅とはどんな人なのでしょうか?

カズレーザーはとことんアカが好き!竹俣紅ってどんな人なのか?

カズレーザーとデートしていた竹俣紅(たけまたべに)は1998年生まれの現在22歳です。東京都出身、渋谷教育学園渋谷中学、高校を卒業、早稲田大学政治経済学部の4年生です。元将棋女流棋士ですが14歳でプロになって2019年3月には引退しています。

来春にはフジテレビに内定しておりアナウンサーとして見れる日が近いかもしれません。

女流棋士時代は初段保持者、小学校4年生の時に第一回駒姫名人戦に優勝しています。2010年には第5回白瀧あゆみ杯争奪戦に出場、決勝戦に進出、第32期女流王将戦の予選にはアマチュア代表で出場して本戦まで進んでいます。

2012年10月中学2年生の時にプロ入りしていますが、研修会では通算9勝3敗の結果でした。2016年には女流初段に昇段を果たしていますが、学校を休むことができないことから1年間休場することになり復帰後の2018年には本戦まで進出していますが、この時既に女流棋士身分を放棄することを発表していたそうです。2019年には現役を引退しています。

幼少期から医者になることを目指していた彼女ですが、ラテックスアレルギー(医療用手袋に使われているゴム手袋の成分に反応するアレルギー)があることから断念しており文系へ進んだとのこと。

小学校で漢字検定2級取得、2020年には準一級を取得しており頭の良さは抜群でカズレーザーと話も合いそうですね。

盆栽が趣味で盆栽専門書の「盆栽世界」では連載まで担当しており趣味も多趣味なのでしょう。

ちなみに米沢藩の重臣だった竹俣氏の子孫といわれています。

まとめ

これだけの経歴を知るだけでもカズレーザーが惹かれるのも無理もありませんが、世間が注目する中でのデートは彼女の誕生日をお祝いするためのデートだったそうです。

プレゼントを購入したり、一緒に食事をするあたりかなり親密な仲のようですが、歳の差もあるのかカズレーザーは交際を否定しているそうです。

しかし名前に紅が入っている彼女に惹かれるなんてとことん赤(アカ)の好きなカズレーザーですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました