国公立大学進学で親の負担は!

お得情報

今年もセンター試験が始まりました。
昨年の今頃はハラハラ、ドキドキした記憶しかありませんが今年は子供が関西の公立大学に進学
してくれたので一安心。
一番、たいへんなのは子供なのですが実は親としては経済的な心配がつきものです。

大学受験費用もばかにならない!

受験するだけでいくらかかるの?

大学は入学するために受験する受験費用もかなり高いです。
センター試験は科目次第なところもありますが、概ね2万円以内で済みますが、2次試験費用は
別途、2万円以下の受験料が必要です。
しかも複数校を受験するとなると更に掛け算になります。
私立大学に至ってはなんと1校に付き4万円程度、歯学、医学系は6万円ぐらいかかる大学もあるのです。
複数校を受験すると相当な金額になりますよね。
滑り止めとはいえ、受験するだけでもたいへんな出費が待っています。

入学費用はどれだけかかるの?

合格したら喜んでいる場合ではありません。
入学手続きはお金との闘いです。
なんと私立大学と併願で合格して国公立大学の2次試験合格までに負担が発生するではありませんか。
ほとんどの私立大学が国公立大学の合格を待たずして合格発表がされます。
しかも国公立大学の合格発表を待たずして、入学金の一部を納付させるのです。
手付金のようなものですが私立大学ですから商売なので当然といえば当然かもしれません。
ちなみに理系私立大学の入学金の一部といっても20万円程度納付することになります。
国公立大学の受験料の10倍がかかりしかも私立大学に入学しなければパーです。
国公立大学の入学金は30万円未満ですので、これだけなら助かったのですが。

大学の授業料はトータルでどれだけ必要?

国公立大学の年間負担は理系でも初年度で70~80万円程度、4年間で250万円あれば
卒業できます。
私立の理系となると初年度で200万円、4年間で700万円程度必要でした。
※関西の某有名大学の理系学部

文系でしたら国公立大学で4年間で50万円、私立大学で200万円ぐらい安くなります。

GIQ子ども能力遺伝子検査

大学に入るには相当な貯蓄が必要!

センター試験が始まり、大学受験シーズン真っただ中ではありますが親としてはお金の負担を想定しておいたほうが賢明ですね。
もちろん奨学金など子供自身で借りて、返すことも可能です。
筆者は子供が関西の有名公立大学に入ってくれたこともあり4年間の負担は受験料も合わせて
おおよそ300万円、現役高校生時代には予備校に通っていたことで150万円さらにかかっています。
トータル500万円弱ってところです。
まだ親孝行な子供だと思いますがもう一人いるので、まだまだ安心できません。

世の中には有名私立大学に子供3人を卒業させたなんておっしゃる親も多数いますがマンションや一戸建てが買えそうな話ですね。
教育にお金は関係ないように思えますが、現実は違うようですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました