引っ越しの業者選び!上手な見積もりの取り方

お得情報

春や秋はどの企業も人事異動を多く発令する時期です。
転勤シーズンが到来して多くのサラリーマンが一斉に動く時期でもあります。
また、春は学生も親元を離れて下宿したりと人の移動が激しい時期といえますね。
こんな時期は引っ越し業者も大忙しですので、うまく業者を選ばないと払わなくていいお金を
払ったりしてしまうことになりかねません。

得する引っ越しとは?

引っ越しは差し迫ったり時期であることから、案外簡単に業者やプランを決めがちの人が多いと
いえます。
ギリギリにならないようにゆとりを持った選択が必要です。
例えば休日に引っ越しをするよりは平日に引っ越したほうが安いとか、午前より午後に引っ越したほうが得とか引っ越し業者の時間に合わせたほうが割引きがあったりとか小さなことで得することはたくさんあります。

必ず複数社の見積もりをとりましょう

大企業などで特定の引っ越し業者と契約していて見積もりができないケースは別ですが、個人で
手配する場合は必ず複数の引っ越し業者から見積もりをとるべきです。
荷物の量、引っ越し場所、エレベーターのあるなしなど条件によって見積もり金額が変わるのは当然かもしれませんが意外に複数業者に見積もりをとることをしない人が多いようです。
私もいろいろ見積もりをとった経験がありますが、かなり値段が異なることが多いことも事実です。
大手引っ越し業者だから安心だとは決して思わないでください。
小さな引っ越し業者でも荷物の管理、サービスなど充実した会社はたくさんあるものです。
最近は運送会社が引っ越し業に参入してきていることもあり、優良引っ越し業者は多数ありますよ。

不況な今だから…
引越し料金はできるだけ安くしたい!そんな方はこちら!
100社の中から一番お得な引越し会社を選べる比較サイト
LIFULL引越し見積もり

引っ越しは効率的にしましょう

引っ越しは荷物の量との勝負です。
単身の人ならできるだけ荷物を減らして、移転先で買い足すことが得だったりします。
再度、戻ってくることを考えると電化製品などはレンタルをしたほうがお得だったりします。
家族を置いて単身だと戻ってきた時に洗濯機や冷蔵庫など重複することがあるので、リサイクル業者を呼んで処分することになることも考えておいてください。
購入した時の10分の1以下の金額になるものが多いので気をつけてください。
家族で引っ越しする場合も極力不要なものはもっていかないのがおススメです。
大きな家へ引っ越すならいいですが東京など都心への引っ越しだと部屋数が少なくなったりと
持って行っても置けなかったなんてこともありますよ。
また、荷物は自分で荷造りしたほうが料金も安くなるので、コンパクトに効率的な引っ越しをしましょう。

物はどこでも揃います

ネット通販の普及により今やどこに行っても何でも揃う時代です。
ということは、何も引っ越しでたくさんの荷物を持って行くのが得ではないということもあります。
100円均一なども効果的に利用すればとても安く快適な転居が可能な時代だといえます。
上手に引っ越し業者を選択して現地で物を揃えることが得策かもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました