緊急事態宣言は関西の2府1県が解除!残りは首都圏、札幌のみ、いつまで延長?

お得情報

政府の緊急事態宣言も5月末まで待たずして関西の2府1県が5月21日に解除される方針のニュースが流れました。残りは首都圏と北海道のみとなりましたがいつまで延長されるのでしょうか?

最終的な判断基準はどこにあるのでしょうか?

5月末を待たずして!緊急事態宣言は関西の2府1県が解除!


政府の緊急事態宣言解除は関西の2府1県に拡大し、関西は通常通りの生活を取り戻せそうです。ただし首都圏などが解除になっておらず、人の行き来についてはもう少し自由になりそうにありません。

政府は、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が続く8都道府県について、大阪、京都、兵庫の近畿3府県で解除する方針を固めた。

政府筋が20日、明らかにした。新規感染者数などの基準をクリアしており、21日に政府の諮問委員会に諮った上で安倍晋三首相が総合判断する。

東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏4都県と北海道については解除を先送りする場合、来週半ばごろに再度見極める考えだ。

西村康稔経済再生担当相は20日の記者会見で「経済、生活圏を考えれば一体的に判断するのが適切だ」と強調。

近畿3府県は解除後、経済・社会活動の段階的再開を目指す。

引用元:https://this.kiji.is/635792581587207265

政府の基準は直近1週間の新たな感染者が10万人当たり0.5人以下を目安としていますが、関西の2府1県はこの要件を満たしており解除の方針となりました。

残りは首都圏と北海道のみとなりましたがいつまで延長されるのでしょうか? 最終的な判断基準はどこにあるのでしょうか?

政府が判断基準においているのは10万人あたりの人数ですが、20日までの1週間について見てみると北海道は0.69人、東京都は0.56人、神奈川県が1.11人と目安を上回る結果となっています。

特に神奈川県は東京に比べても高く、基準値よりも大幅に上回る状況です。二つの地域は人口も多く、通勤圏内であることから神奈川県、東京都の数値が下回らない限り解除することは難しいのかもしれません。また、東京都へ通勤で来るケースは周辺の他の県も同様で、今は基準値を下回っているものの、通勤などでいつ感染拡大に繋がるかが心配です。

週末にかけても東京から神奈川県などにレジャーに出掛ける人も多く、首都圏地域はエリア全体の取り組みが必要なのかもしれません。全体的には行き来が激しいことも考えらますのでもう少し自粛をしないと緊急事態宣言解除が難しいでしょう。

まとめ

近畿の2府1県がようやく緊急事態宣言解除になりますが、残りの首都圏、北海道についても早く宣言解除になることを望みます。

北海道は人口は決して多いわけではありませんが、なかなか終息するのに時間がかかっていますがなんといっても首都圏の緊急事態宣言が解除されない限りは日本の経済活動は元通りとはいかない感じです。

5月末が政府の緊急事態宣言のリミットになっていますが、一日でも早く宣言解除になることを祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました