トイレットペーパー品薄。デマ情報を流したのは誰。

お得情報

新型コロナウィルスの影響でトイレットペーパーなど一部の商品を買い占める人が増加しています。
SNS上のデマ情報を信用して、トイレットペーパーなどがなくなると思い込んでしまったことから
一部の商品に需要が集中してしまったからです。

トイレットペーパーがなくなるのはデマ情報ですが、
デマ情報を流した人がいるから、トイレットペーパー買い占めが起こっています。

デマ情報を流した人物について話題になっていますが、どんな人物かを調べてみましたのでご紹介します。

トイレットペーパー買い占めの原因は誰が作ったの?

どの地域でもトイレットペーパーが品薄になっていますが、
原因を作った人物がいるそうです。

Twitter上にあるツイート!

「コロナで品薄になる品予測を根拠付きでお伝えします。
トイレットペーパーが品薄になります。
製造元が中国です。
生産元がティッシュペーパーを生産をそもそもしていないのが根拠です。
品薄になる前に事前に購入しておいた方が良いですね。」

こんなツイートをした「ゆうじ」という人物が注目されています。
発信元は鳥取県米子市になっていますが、現在、アカウントは見当たりませんので削除したものと思われます。
実名を取り上げているWEBサイトもありますが、明確な証拠がないので個人を特定するのは難しいのではないでしょうか。

ネット上でデマ情報を発信したことで、トイレットペーパーやティッシュペーパーの
品薄状態を引き起こすことになってしまったようですが、迷惑行為であることは間違いありません。

トイレットペーパー品薄のデマ情報を流して得するの?

トイレットペーパー品薄を流すことで、世間では一時的に品薄になります。
必要以上に家の中に備蓄している人もいれば、本当に必要な人は困ります。

困った人がメルカリなどネット上で購入しようと動きます。
大量に買い占めて転売で儲けようとする「転売ヤ―」が活躍することになりますが、
中には通常価格の倍どころか数十倍で転売するひどい人や業者もいるようです。
マスクは未だに購入できずに困っている人が多く、高い金額で購入するケースも後を絶ちません。

需要と供給の関係だから仕方ないのかもしれませんが、本当に困っている人には気の毒な話です。

デマ情報を流して罰則はあるのか?

台湾ではトイレットペーパーがなくなるデマ情報を流した人が逮捕される結果になっていますが、
日本ではそこまで踏み込めるかは不明です。

事実が確認できれば、台湾のような事態を招くことは避けられないでしょう。
個人の利益を目的に嘘の情報を流すような行為は問題だと言えますね。

トイレットペーパーはそもそもほとんど日本で製造されています。
製造元が中国であることは間違いですので、根拠のない嘘です。

まとめ

一部のデマ情報を信じて不必要に商品を買い込む必要はありません。

トイレットペーパーだけでなく、ティッシュペーパーや水、缶詰、水、
米などを買い占めする人が増加しています。

本当に必要な人がいるので、無理して大量に買い込むことはやめましょう。

デマ情報を流して個人の利益を増やそうと考える人がいるのは問題ですが、
そんなデマ情報を都度、信用することなく冷静な判断をして行動しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました