赤ちゃんがいても安心!ダニ退治なら「さよならダニー」がおすすめ!

お得情報

なんとなく家にいるだけで体が痒くなったりすることってありませんか?

家の中でもダニの影響は避けられません。

布団をこまめに日光に当てたりしても完全にはいなくならないので解決することがありません。特に梅雨の時期には布団を室外に干すこともできず気になりますよね。

布団クリーナーや殺虫剤などたくさんダニ駆除の方法はありますが、殺虫剤は赤ちゃんや小さなお子さんがいるご家庭だと健康に影響は出ないのかなど気になることでしょう。

こんな時にはダニ取りシートなるものがありました。商品名は「さよならダニー」と少し古臭いキャッチコピーですが、なかなかの評判なのでご紹介してみます。

ダニは家の中にどの程度いるのでしょうか?

ダニは家の中に多数生息しますが、かなり小さいので簡単に見ることができず見過ごしがちです。実際にはどのご家庭にも相当数いるものですが、どの程度生息しているのかをご紹介してみます。

ダニは高温・多湿を好むので5~9月が特に繁殖しますが、最近では暖房があるので冬でも多くが生息しています。気温20~30℃、湿度60~80%の人が住みやすい環境はダニにとっても住みやすい環境なのです。

繁殖しやすい条件が揃うと1組のつがいが2か月後には約3,000匹、更に4か月後には約450万匹と爆発的な繁殖力です。また、人間のフケやアカをエサにしますので1グラムのエサがあれば約300匹生息できます。

家の中にいるダニは7~9割がヒョウダニ類といわれていますが、その中でも比率が高いのがヤケヒョウダニです。0.2~0.4mm程度のサイズで肉眼ではわかりませんので見つけることができませんが、間違いなく布団やカーペット、布製のソファーには生息しています。

これらのヒョウダニ類の死骸やフンが原因でアレルギー反応を起こしたりすることがありますので見えないからといって放置しておくのはよくありません。健康に害であることは間違いありませんね。

引用元:https://www.earth.jp/gaichu/wisdom/dani/article_001.html

これだけ見れば家の中に住むのが嫌になりそうですが、殺虫剤などにお世話にならなくてもある程度は退治することは可能です。その方法と更に撲滅するべく手法についてもご紹介していきます。

ダニがこんなにいるなんてどうすればいいのかしら?

赤ちゃんがいても安心!ダニ退治なら「さよならダニー」がおすすめ!

アレルギーの原因になるダニですが、布団の天日干しではあまり効果がないとのことです。50℃の熱に30分間あてるとダニは死滅しますが、布団の内側に入ってしまっては天日干しの効果はなくなります。

また、布団叩きで叩くとダニの死骸やフンが更に細かくなってしまうので、それを吸い込むことに繋がりかねません。

結局のところ家の掃除機がけや布団クリーナーを使ってダニの死骸やフンを吸い取ることが有効のようです。また、当たり前のことかもしれませんが、定期的な換気を行って湿度を減らすことも必要ですが、梅雨の時期は難しいですよね。

こんな時に活躍するのがダニ取りシートです。殺虫剤のように強力な薬品を使うわけではないので赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭でも安心して使用できます。

ダニ取りシートでも最近注目されている商品が、「さよならダニー」です。パッケージは少しPOPな感じですが、口コミを見ても効果性が高いことが伺えます。

シート1枚で25万匹取れるシートで2か月間は効果があり人気商品となっています。これだけダニに悩まされている人が多いといえますが、シートを置くだけなので殺虫剤を使用するよりは安心して使用できます。

ダニを生きたまま捕獲して捨ててしまうので死骸やフンが残ることを防いでくれますのでダニ被害が広がりません。口コミの多さから見ても効果性も高く評価が上がっています。

 


まとめ

高温・多湿の環境で生息するダニですが、人が住む場所は絶好の生息可能な環境です。見えないところがやっかいですが、吸い込むことでアレルギー反応を起こしたりするのはつらいですね。特に赤ちゃんや小さなお子さんがいるご家庭では厄介者でしかありません。

ダニ取りシートはいろいろありますが、「さよならダニー」は殺虫剤を使用するよりは安全で効果性も高そうですので一度、使ってみる価値はあるでしょう。

これからも暑い夏が続きますのでダニが生息するには絶好に時期となりますので早めに対策しておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました