殺菌効果は半永久のウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発。マスクはいつ購入できるのか?

マスク

新型コロナウィルスに対応したワクチンがない中、予防することに重きを置いた対応が必要です。そんな中、半永久の殺菌効果のある銅繊維シートが開発がされたニュースが報告されました。

マスクなどに応用すれば最強の予防になるはずですが、いつ販売されるのでしょうか?

新素材のメリットをご紹介するとともに今後の発売時期について記載いたします。

半永久の殺菌効果のある銅繊維シートが開発されました。


群馬大学発のベンチャー企業「グッドアイ」(群馬県桐生市)と銅箔(どうはく)糸メーカーの「明清産業」(前橋市)が、付着したウイルスの不活性を早める銅繊維シートを開発したことが発表されました。このシートには、半永久的な殺菌効果があり、人体には無害とのことですので直接的に肌の接触のあるマスクに使っても安全です。

アメリカの研究では、新型コロナウイルスは銅の表面では4時間しか生きられないことがわかっておりプラスチックなどの物質上では48~72時間生存することと比較すると生存時間は極端に短く新型コロナウィルスの予防策として期待されています。

開発された繊維は、銅の表面に可視光応答型の光触媒が塗布されており、光が当たると強い酸化力を持った物質が発生し、ウイルスや菌を分解します。大腸菌を使った実験では、銅繊維シートが銅単独よりも1000倍の抗菌効果があることが確認されました。

新型コロナウィルスが生存しにくい繊維であれば、今後は様々な商品に応用できるでしょう。

引用元:Yahoo!ニュース

銅繊維シートのマスクはいつ販売されるのでしょうか?

この新繊維の開発により引き合いが殺到することは間違いないでしょう。

「銅繊維シートのマスク」を着用すれば、新型コロナウィルスに対しては最強の予防となりますが群馬大の板橋英之教授は「感染拡大防止の切り札になる素材で、早く世に出したい」と話しており、マスクや手袋などに加工し、製造販売できる企業を募集している状況です。

早期販売を目的に開発された素材ではありますが、いつ発売されるかは未定です。今後の進捗があれば追記していきます。

現在、銅繊維を使用した他の企業が開発したマスクは発売されていますのでいくつかご紹介いたします。





まとめ

銅素材がウィルスの活性を抑えることから応用して新しい繊維を生み出すなんてすごい発明です。

新型コロナウィルスのワクチンの開発にはまだまだ時間がかかる見通しでもあり、新しい予防技術と医療技術の併用でこの危機を乗り越えるしかなさそうです。

日本でも感染者が増加傾向ですので、新技術を使ったマスクの登場を早く祈るばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました