夏マスクが人気!熱中症対策に涼しいマスクおすすめ!

マスク

最高気温が25度を超えてくるとさすがに暑いですが、日本の夏はとにかく湿度が高く蒸し暑い。

6月は梅雨のシーズンで特に湿度が高くなりますが、夏のマスク対策はしていますか?

今年は通勤電車の中、オフィス内など夏でもマスクが手放せないようになりましたが、夏のマスク対策は今からしておいたほうが良さそうです。

夏マスクが人気していますが、熱中症対策に涼しいマスクおすすめをご紹介してみます。

脱水症状にはご注意!熱中症対策には夏マスクが人気!

マスクを着用する場合は水分をしっかり取ってください!

「マスクをすると換気が悪くなる。運動時は外した方がいいし、着用する場合はしっかり水分を取れる環境を整える必要がある」。

救急対応で熱中症患者を診ることが多い福島市の大原綜合病院総合診療科主任部長の川井巧さん(41)は、熱中症のシーズンに向け指摘する。

マスクと熱中症の関係性については「研究情報がなく医学的にはっきりしない」と慎重な立場だが、外す手間や近くの人への気遣いからマスクを取るのをためらうことで「水分を取らないケースにつながる」と懸念を抱いているという。

引用元:https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200518-499214.php

マスクをしていると口元が塞がっているのもあり水分補給を忘れがちです。口元が保湿されているため喉の渇きを感じにくくなっている場合がありますが、人前で外してはいけないと思ってしまう人も多いのではないでしょうか?

これからの時期はこまめにマスクを外して水分補給することは必須ですがマスクを夏用にすることもありかもしれませんよ。

最近は夏用マスクとして涼しい素材のものも増えています。

接触冷感素材天然素材の商品などたくさんの夏用マスクが販売されています。夏マスクの人気はすごく4月ごろから品切れしている商品もありました。

6月を迎えるにあたり新しい商品も増え、商品の種類も豊富になってきましたので熱中症対策に人気の夏マスクをご紹介します。

夏マスクが人気!熱中症対策に涼しいマスクおすすめ!

夏マスクとして人気の接触冷感商品は定番化していますが、素材メーカーによってネーミングや機能が少しづつ異なります。温度が高いところから低いところに移る原理を利用して素材メーカーが素材開発をしマスクに活用していますが、実際に着用すると冷たく感じるものがほとんどです。

いくつかご紹介してみますが、日本の蒸し暑い夏にはかなり有効なマスクだといえるでしょう。






まとめ

マスクは夏もつけていないと何かと言われそうな雰囲気にはなっています。特にお店に入る時などは気を遣いますよね。自分は良くても他人からの視線は気になります。

感染予防に必須となりつつマスクですが、熱中症対策にも繋がる夏マスク選びをしてみませんか?

夏に涼しいマスクおすすめをご紹介してきましたが、目ぼしいものがあれば一度試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました