新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」ダウンロードできない。

お得情報

新型コロナウィルスに感染した人と接触した可能性のある場合に通知を受けられる「新型コロナウィルス接触確認アプリCOCOA」をインターネット上でダウンロードできる報道がありました。

6月19日15時頃のスタートですが、ダウンロード方法やいつからなのかを調べてみました。

対応機種などは限定されるものの、携帯電話にダウンロードすればほぼ使用できることから画期的なアプリかと思いますが、現時点ではアプリのダウンロードができませんがいつからできるのでしょうか?

新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」とはどんなアプリなのか?

  • 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス接触確認アプリOCOA)を開発しました。ご自身のスマートフォンにインストールして、利用いただきますようお願いします。※COVID-19 Contact Confirming Application
  • 本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。
  • 利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

引用元:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

厚生労働省のホームページを確認する限りでは2020年6月19日頃にリリースすることになっていますが、アプリのダウンロード案内ページの詳細が見当たりません。

注意事項には最初の公開日から1か月間は試行版の表記がありますが、ダウンロードできない理由はなくダウンロードのQRコードやURLは探すことができませんでした。

また、アプリの検索をかけてみましたがダウンロードできるアプリはありません。

いろいろ調べてみましたところ以下からダウンロードができるようです。携帯電話のソフトなどのバージョンにより稼働しない場合がありますので以下、対応できるバージョンについての表を掲載しておきます。なお、iPhone端末ではiOS 13.5以上、Android端末ではAndroid 6.0以上との記載もありましたのでこのバージョンでないと作動しない可能性もございますのでご注意ください。

COCOAダウンロード

新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」でどんなことができるのか?

厚生労働省のホームページでは難しく説明されていますが、簡単にいえば、新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」をダウンロードした人同士なら感染した人が登録さえしていれば感染者と感染していない人が接触したかがわかるアプリです。

プライバシーなどの課題が騒がれていますが、感染者は保健所や医療機関にてPCR検査を受けて陽性反応が出た時点で匿名で登録することの可否を聞かれます。

同意すれば感染者のスマホID(最大で過去14日分)をアプリ上に匿名登録されます。

感染者のスマホから情報が発信されて近くにいる人がキャッチすることになりますが、どのスマホからキャッチしたかなどがわからず、位置情報などもつかめないのでプライバシーが守られる仕組みです。

感染していない人が陽性反応の感染者との接触が確認されるといち早く気づくことができるので効果的なアプリといえますが、始まったばかりですので、まずはアプリのダウンロードする人が増えない限りは効果はありません。

まとめ

新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」は始まったばかりなので、どれだけ有効かは不明ですが、新型コロナウィルスは症状が出ない人も多く陽性でも普通に生活している場合があります。

もし持病を抱えている人と陽性の感染者と接触すると大きな問題になることからできる限り多くの人にダウンロードしていただく必要があります。

一人でも多くの人にダウンロードしていただくことをおすすめすます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました