ブルーライトの安上がりカット法

お得情報

最近、眼の疲れが気になる人は多いのではないでしょうか。
私自身も仕事などでパソコンなどを使用することは多いのですが最近は特に眼の疲れを感じます。
スマホなどを通勤時間や休憩時間に使用することも多く、知らず知らずのうちに眼に負担をかけているようです。
その原因となっているのがブルーライトなのです。

ブルーライトは眼に負担をかける

ブルーライトは紫外線ぐらい眼に負担をかける光のようですがパソコンやスマホなどのLEDディスプレイから発せられる青い光のことです。
ブルーライトは紫外線に近い380~500ナノメートルの光で可視光線の中でも非常に眼に負担をかける光だといわれています。
LEDの普及により便利で経済的な世の中になったものの、電球から携帯電話までほとんどがブルーライトにかこまれるようになったことで、自然とブルーライトを浴びなければならない時代になったのです。
ここ5年間では1日に一人あたり2時間半以上もブルーライトを浴びる時間が増えたそうですが、携帯電話の進歩でスマホの普及の影響が大きいのかもしれませんね。

子供たちへの影響は更に大きい

昔の子供たちはスマホやゲームなどデジタル機器にかこまれることはなかったでしょうが、昨今では子どもでもスマホを1台持っている世の中なので、ブルーライトを浴びる環境が増加したのはいうまでもありません。
特に小さいお子さんだと眼の水晶体は透明で濁りがないのでブルーライトの影響を受けやすい傾向にあります。

ブルーライトから眼を守るには?

今やブルーライトを見ずに済む時代ではありません。
でも、見続けることで眼の負担が増えるのも間違いありません。
それなら眼の負担を少なくするしかないのです。
一つはブルーライトをカットする眼鏡をかけることです。
JINZなど眼鏡ショップのサイトでも紹介していますが、25~40%程度カットする眼鏡が売られています。
ちなみにJINZなら子供用で3,000円ぐらい、大人用で5,000円ぐらいです。
もう一つはパソコンやスマホの画面設定でブルーライトを抑えることです。
例えばパソコンなら「f.luxブルーライト」とGoogleなどで検索をすると専用ソフトの案内をしてくれます。
ダウンロードして設定しておけばパソコンのブルーライトを抑制できます。
ちなみに紹介しているページがありましたので、下記に記載しておきます。

PCのブルーライトを抑える! 無料ソフト「f.lux」の使い方
夜遅くまでパソコンで仕事をしていると、目が疲れますよね。そればかりか、寝付きが悪くなってしまう可能性もあります。WindowsやMacで長時間作業する人におすすめのソフト「f.lux」で、ブルーライトの悪影響を抑えましょう。

また、スマホの場合はiPhoneであれば「Night Shift」の機能を使用すれば暖色系に切り替えてブルーライトを抑制できます。

ブルーライトの効果的カットの安上がり法は?

ブルーライトを完全にカットするのは難しいかもしれませんができれば眼の健康のことも考えて
あまり見ないことが望ましいですね。
簡単なのはパソコン、スマホを見ないのが一番の安上がり法ですが仕事のこともあるので完全にシャットアウトするのは困難ですよね。
おそらく先ほどご紹介した方法でパソコン、スマホからブルーライトの光を抑制することと眼鏡の併用が効果的なのかもしれません。
実は100円均一にもブルーライトカット眼鏡は売っています。
セリアなど100円均一にいけば間違いなくあります。
デザインもいろいろあってこれが一番安い眼鏡だといえます。

ブルーライトは見ないで済むなら見ないでいたいものです。
最近、多くの子供が眼鏡がないと困る時代になってきました。
子供たちの視力が低下している要因はデジタル機器であることはほとんどの人が気づいているでしょう。
時代の変化に対応するためにデジタル機器から離れることは不可能な世の中です。
子供たちには親が時間制限してあげるなども必要でしょう。
大人たちは自分で管理するしかないようですが、子供たちの眼を守るのは大人の役割なのかもしれませんね。
できるだけ眼に負担のかからない環境を子供たちに与えてあげたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました