「七田式教育」の子ども向け英語教材「7+BILINGUAL」の効果は?

お得情報

皆さんは英語は小さい子供の頃から得意でしたか?

また、英会話を得意としていますか?

日本の英語教育は今でこそ小学校から英会話を重視するようになり、学校を卒業する時には多少なりとも英会話ができる生徒も増えましたが、まだまだその人数は数えるほどです。

中学、高校、大学まで英語を学んでいるのにも関わらず話すことすらできない日本人は数多くいます。グローバルな社会と言いながら英語を話すことができる日本人は数少なく国際化に対応できていない国なのです。

一番は子供の頃からの英語学習の仕方に問題があるように思いますが、今は学習方法は様々です。
学習方法次第では自分の子供をグローバルな社会に対応できる大人へと成長されることができます。

今回は世界が認めた教育研究者の七田眞氏によって提唱された「七田式教育」の中でも子供向け英語教材「7+BILINGUAL」の効果についてご紹介してみます。

「七田式教育」とは何なのか?「七田式教育」の魅力は?

七田式とは今は亡き、教育研究社であった七田眞氏によって提唱された「右脳の力を引き出す」ことを目的とした幼児教育ですが、右脳が司る長期記憶にフォーカスして、0~3歳の「右脳優位」の時期に右脳を鍛え、子供が持つ才能を高めようと考えた教育方法です。

まだ意味を理解することができない幼少期に「記憶力」や「イメージ力」を高めるためにフラッシュカードを活用したりすることで右脳が鍛えられて3歳までに能力を高めることができるのです。

七田式教育を実践している「七田チャイルドアカデミー」は全国に200カ所以上あり世界にも展開されています。

60年の歴史があり、オリンピックに出場した有名スポーツ選手も多数チャイルドアカデミーに通っていたと言われており、子供の才能を伸ばすには幼少時の教育がいかに大切かを教えてくれます。

「七田式教育」の子ども向け英語教材「7+BILINGUAL<音声タッチペン>」の効果は?

世界に羽ばたくには語学は必要なものであり、とりわけ英語に関しては小さいころから学習して、大人になれば海外の人たちとコミュニケーションが取れるレベルには到達しておかなければなりません。

たとえ英語が話せない両親でも子供は英会話で不自由することのないように育てておきたいものです。

そこで注目されるのがバイリンガル英語プログラム「7+BILINGUAL<音声タッチペン>」がおすすめなのですがどこまでの効果があるのでしょうか?

たった35日で子供が英語を話せるようになったと評判ですが、その秘密は何なのでしょうか?

闇雲に英語を聞かせても英会話ができるようになるわけではなく、フレーズ単位で理解させることが重要です。自然と英語を理解しながら記憶していくことで言葉に出せるようになります。

自然に記憶できるようになることが重要ですが、繰り返し学ぶことで楽しく会話ができるものですが子供の「バイリンガル・スイッチ」が入る理由を一部記載します。

  • 1日7分で20フレーズの英語をインプット
  • 完全記憶させるための学習法
  • 子供が楽しんで聞きたがる35日の冒険ストーリー
  • 子供が口に出す厳選700フレーズ
  • 1.5倍効果があがる方法

など他にもたくさんの英会話ができる秘密があるのですが、詳細は以下からご確認ください。今なら限定特典付きですのでお得感満載ですが、効果性が高いことは間違いないでしょう。

まとめ

「七田式教育」や「七田式教育」の子ども向け英語教材「7+BILINGUAL<音声タッチペン>」の効果についてご紹介してきました。

とにかく子供はできるだけ早くから右脳を鍛えておく必要があることは間違いありません。また、英会話も同様に自然に触れることが重要です。

これからの時代は国際的、グローバルな時代であることは間違いないのでしょうが、言葉の壁を克服できないでグローバル化には対応できそうにありません。

子供の幼児教育は先々のことを考えるととても重要であり、早くから取り掛かれば国際化、グローバル化に対応できる大人に成長させることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました