エアロゾル感染の意味と新型コロナウィルスの関係

お得情報

新型コロナウィルスの拡大が続いているが、感染者の増加とともに感染ルートを特定しようとする関係者の努力も続いている。
そんな中、ウィルスの感染には空気感染の疑いもある見解を出している機関もあるが果たして事実なのか?

代表的なウィルスの感染ルートは3つある

新型コロナウィルスの感染者が増加する中、感染ルートがクローズアップされているがウィルスの感染ルートはいくつかある。

1.「接触感染」

ドアなどウィルスの付着した部分を手で触ることから体に入って感染する。

2.「飛まつ感染」

感染した人の咳やくしゃみの飛まつに含まれるウィルスが体に入って感染。

3.「空気感染」

飛まつよりも小さな粒子が空気中に出て吸い込むことで感染。

エアロゾル感染とは何?

エアロゾル感染とは空気感染と同じようなものだが、唾液などが乾き水分が抜けて残った粒が空気中を漂い鼻や口から吸いこんで体内に入ってしまう感染です。
日本エアロゾル学会によるとエアロゾルはミスト、ヒュームと呼ばれ、気体中に浮遊する微小な
液体もしくは固体の粒子を指す。
大きさは0.001マイクロメートルから100マイクロメートル程度と幅広い。ちなみに花粉は100マイクロメートルの大きさだ。
国立感染症研究所では5マイクロメートル未満をエアロゾルと定義しているようです。
エアロゾルは飛まつの一種で空気中を漂うことから飛まつ感染にも空気感染にも似ている。
結局のところ科学的に解明されていない部分も多く、エアロゾルは曖昧な用語としていることも多い。

エアロゾル感染が新型コロナウィルスを拡大するの?

一時的に中国でエアロゾル感染が新型コロナウィルスの感染拡大を引き起こすような記事が紹介されたようだが、飛まつが空気中で混じり合い口から吸入することで感染する飛まつ感染することが濃厚なようです。
空気感染したと証明できたわけではなく、咳などの飛まつ感染、接触感染に注意しておくことが
重要で、これまで通り手洗い、消毒やマスクの着用で予防するのが賢明のようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました