「ターミネーター」アーノルド・シュワルツェネッガー主演の意外な映画

趣味

筋肉質でアクション映画といえばシュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーですが、ターミネーターシリーズが有名すぎて他の作品が影を潜めてしまいます。
とはいうものの、さすがに年齢も72歳という高齢でもあり、アクションばっかりやってられませんよね。
2017年の「アフターマス」がヒューマンドラマでシリアスな作品でした。

「アフターマス」

飛行機事故で妻と娘を亡くして真相を究明し、復讐をする男を演じている映画ですが、2002年7月にドイツ上空で実際に起こった「ユーバーリンゲン空中衝突事故」とその後に発生した事件を
ベースに作られています。
建設現場の現場監督が数か月ぶりに妻と身重の娘を迎えに空港へ向かう。
しかしながら妻と娘が搭乗した飛行機が空中で衝突事故を起こしてしまう。
生存者はゼロという悲しい知らせであった。
家族を失ったことを航空会社に謝罪を求めるが、補償のことしかいわない航空会社に憤りを感じる。
事故を探るうちに一人の航空管制官の存在を知る。
彼もこの事故後、苦しみの中で耐えながら生きていたが、やがてその彼と接触することになる・・・!

ユーバーリンゲン空中衝突事故

9月16日(土)公開『アフターマス』予告編

実際にあった事件をシリアスに描いた作品で緊張感のある映画ですが70歳を超えたシュワルツェネッガーが演じることで深みのある作品に仕上がっている。
アクション映画を期待しているファンとしては評価がイマイチではあるが内容としては自分がもしこの立場になったらどうするだろうとかいろいろ考えさせられる映画であった。
アーノルド・シュワルツェネッガーの主演映画としては意外かもしれませんが是非とも見てほしい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました